So-net無料ブログ作成
検索選択
いわき市長選 ブログトップ

「力量不足?」迷走振りを露見した.ある市長候補の政見!! [いわき市長選]

 いわき市長選がいよいよスタートした。 
 今朝の新聞を見て「びっくり仰天!」 その訳は、今回の市長選では三つ巴の戦いとして、それぞれ公約を掲げ前哨戦を戦ってきたが、ある有力候補の一人とあげられていた「S」候補は、「政見欄」から最も重点施策に掲げていた「医療政策」の文言を消した。 
 これをどう理解すれば良いのか、理解に苦しむところではあるが、前回選挙での渡辺市長の公約「常磐病院譲渡は白紙に戻す」としながら、当選後は「市議会では既に承認済み」として公約を無視し、譲渡を決定したことを思い出す。 
 多少同じ穴のむじなと想像しない訳ではなかったが、この市長選という市民の審判を受ける公の場で、このようなことが起きて良いものかとの思うと同時に「市長候補」としての「資質」を問われかねない事態であり、「政策が定まらず迷走する市長候補」というレッテルを貼られても仕方がない状況と推測する。 
 私が支持する「U」候補は「命を守る仕組み」をぶれること無く、一貫して「現在、計画されている現在地(狭隘地)への共立病院建設を白紙紙撤回し、避難者を含め36万人の命を守る仕組みづくり(安心して住めるいわきの医療体制の確立)こそ、最重要で、最優先政策として訴え続けている姿こそ、「我がいわき市の首長」に相応しく、是が非でも当選させたいという思いで一杯である。
何故「S」候補は「公示とともに政見から医療政策の文言が消してしまったのか? は「摩訶不思議」な出来事と思う反面、裏事情の複雑さを推測してしまうのは私だけでしょうか?
 更に、もう一点は「突如として顔を並べた「I」I候補」の存在である。 
 ある市民から「ある候補の思惑で立候補した」のでは? との噂話しを耳にしたが
「なるほど」と、うなずいてしまうのも事実であり、ここにきての候補者の摩訶不思議な言動が気になる。 
 私は今回の市長選を「いわきの夜明け・医療再建元年」と位置づけ、いわき市の将来を占う大事な選挙になることを市民の皆様にも訴えたい。 「あってはならないことであるが、選択を間違えれば、いわき市民の逃避も現実になってしまう懸念もあることを真剣に考えて頂きたい」
 結婚出産子育てと否応なしに立ち向かう若い世代の皆様には一人ひとりの清き一票を絶対に棄権することなく、自らの意思を、その一票に託して頂きたいと、心から願っている次第である。



あなたは「いわき新市長」に誰を選びますか? [いわき市長選]

9月1日から本番に突入するいわき市長選で、貴方は誰を選びますか?
これまでの前哨戦では、いろいろな怪文書まがりのもの、あるいはブログ、ツイッター、フェースブック等での書き込みは日増しに多くなっているようであるが、結構、的を得た内容のものもあり「火の気のない所に煙は立たない」という諺どおり、まんざら「嘘」ではないと肯ける内容のものも多い。 今回は現職と新人2名の三つ巴の選挙が確実の情勢であるが、争点は、「共立病院再建問題」である。 私自身5年がかりで取り組んできた、病院再建問題だけに大変嬉しく、これで「いわき市民は救われる」とまで確信するに至った。 いわき市の市長選を私なりに分析してみると、現市長の4年間を振り返ると医療施策は誰の目にも明らかなように大失敗だった。市立常磐病院の民間譲渡は、これまでもブログに書き続けた通りで、医師看護師不足に至る発端となり、2年間の新病院建設の為の検討委員会も単なるパホーマンスで、貴重な時間の浪費に過ぎなかった。 そして、震災対応への市民の不満、更には選挙戦間近での人事院勧告の拒否、そして昨日発表した県外医師に対する「いわきメデイカルアドバイザー制度の導入」等は秩序なき、選挙対策としか、市民の目には映らないのではないだろうか?  そして他の新人2名の主張は、私が長年訴え続けてきた、新病院建設は「今後の発展と人口の増加を考慮した規模にすることをはじめ、診療科の増設、療養ベット数の増床等であり、明らかに現市長と新人2人の施策には大きな違いがあるが、当然、現状のいわき市民の命を守る為には後者の選択以外はあり得ないことであろう。 また2人の主張(公約)を見て感じることは、自らの考えで、医療施策を推進していく姿勢と、これまで現市長が進めてきた施策(他人の意見や力を借りて行政を行う)の違いが大きく浮き彫りとなるが、本来は他力本願ではなく、リーダーシップを発揮し、市民の先頭に立ち顔の見える政治が必要と思う。 これらは政治家としての資質(知識、中央とのパイプ、自信、経験)の違いと言える訳だが、新しい首長に誰を選ぶべきかや誰が相応しいかについては当然「選挙公約、主張」等の比較は大事で、その他には、これまでの政治姿勢、経歴等を知ることであり、最も大事なのは本人に対面し、考え方等を直接聞いたり、その人が持つオーラとも言うべきものを感じとることではないだろうか?  今回「いわき商工会議所・青年部」が主催した「いわき市長選公開討論会」行かれた方は、器の違い等が一目瞭然で判ったと思うので、是非ネットで「いわき市長選公開討論会」を検索し、閲覧することをお勧めしたい。自宅で見れない人は公民館等のパソコンでも閲覧は可能と思うので、選挙前には是非確認して頂きたいものである。 何度となく主張させて頂いているが「これからのいわき」を担う若い方々には今回の選挙はいわきの将来を決める分岐点にあることを理解し、棄権の無いようにお願いしたい。



チェンジ・ザiwaki「うさみ登はいわきの救世主!!」 [いわき市長選]

8/21日、いわき市長立候補予定者の「うさみ登氏総決起集会」に出席してきた。 会場は「パレスいわや大ホール」で、ほぼ満席の中、渡辺後援会長、松下政経塾塾頭、古山和宏氏、選対本部長の樫村市議、前市長の櫛田一男氏の挨拶の後、「うさみ登氏」が登壇され、磐城共立病院の現状はいわき市民をはじめ、避難者を含めた36万市民の命を守る体制(救命・救急医療)は、医師看護師の懸命な努力にも関わらず、その評価(報酬、処遇等)は全国の標準からは程遠い状態にある。 また、共立病院の建て替え計画については、当初1,000床超から828床そして更にベット数を減少させる今回の計画は地域医療を更に悪化させるだけで、県内最悪と言われている地域医療からの脱却は到底なし得るものではない。 26歳最年少での衆議院議員から約20年間に渡る政治活動と松下政経塾の多くの同志(党派を超えた国会議員、県知事、首長)の太いパイプを生かし、何としても早急に「安心・安全な医療体制の構築」を実現しなければならない。 又現状の「いわき市」は平常時ではなく、異常事態であることの認識で「豊間海岸の堤防決壊」での二次災害を考慮した一日も早い復旧を含め、避難箇所となる学校の洋式トイレ化やいまだに雨漏りがする総合体育館の改修等「復興予算は返上することなく実施すべき」との考えを示した。 つい最近の新聞報道では「地区連合が渡辺市長の支援」に回ったと伝えられている他、公明党も同様に「自主投票から渡辺支持」に変わったとの報道がされたが、「何でそうなるの」と私自身は頭を傾げたくなる。 安心して働ける環境づくり(病院)は最も考慮すべき筈の連合であり、庶民の味方「公明党」と自覚していただけに「取り残され明日の命も脅かされてきたいわきの医療」について、更に悪化し、将来の明るい希望が見いだせない共立病院の現在地での建設に協力する判断は、果たして組織や党の判断としても市民に理解され、受け入れられるのだろうか。  明日のわが身を保障されないことが明確である以上、絶対に容認することはないと信じたい。 私は4年前の市長選挙では「常磐病院の譲渡は白紙に戻す」とした現市長に期待し一票を投じてしまったが、市民の皆様もご承知の通り、「常磐病院は既に市議会が承認済みとして、譲渡を決定してしまったことから、医療の悪化は現実のものとなっていった。 「このままではいわきの医療は崩壊する」とまで言い切った共立病院樋渡院長の言葉は今も脳裏に焼き付いたままであるが、何故警鐘が鳴らされたあの時点で振り返ることをしなかったのかについては、以前の私のブログを読んで頂ければ容易に判断はできるが、病院問題から震災対応を含め多くの市民は現市長の言動について、不信感を抱いていることも事実と容易に想定できるが、何故現市長を続投させようとしているのかは理解できない。  今いわき市はどうあるべきなのか。 そして誰を市長に選べばよいのかについて、平常時であれば「誰を選んでも同じ」という決まり言葉で済まされるが、あの3.11の災害に於ける非常時対応の手腕(能力差)は各首長によって大きく差が出てしまったことは、周知の通りであり、いわき市民にとっては大変屈辱的なマスコミ批判を浴びたのも現実である。 現市長の4年間は「市民の命が大事」とのスローガンとは裏腹に「協立病院は何が何でも現在地への建設」という目的の為に自ら設置した検討委員会も単なるパホーマンスに過ぎず、多くの市議会議員も認める「出来レース」だったことが容易に理解できる。 何の成果もなく、振り出しに戻った2年間は無駄な時間であったばかりか、医療の悪化に伴い市民の不安は増大し、他県や他市への患者移動が大幅に増える結果となったことは当然で、いわき市民の多くはその犠牲者とも言える。 この悲惨な現状を一日も早く、市民の目線に立って「ゆりかごから墓場まで」安心して暮らせるいわき市政の舵取りは、20年に及ぶ国政での政治家としての実績(松下政経塾卒・衆議院議員2期)と、国・首長レベルでの太いパイプ、若さと行動力、そして公僕人としての奉仕の心をもって長年続いてきた、悪しき慣習やしがらみを断ち、市民本位の市政に変えられるのは「うさみ登候補」をおいて他にいないことは容易に理解できる。 この35万人~36万人のいわき市民は必ず「うさみ登」氏の器の大きさと政治力の違いに気づき、亡き父の故郷再生の情熱は必ず市民の皆様の心を捉える筈で、崩壊寸前の「磐城共立病院の再生」と市民本意の夢と希望の持てる市政を必ず実現してくれるものと確信する筈である。 
「安心して暮らせるいわき市を取り戻そう!」 「若者が他市に出なくてもデートを楽しめるいわきにしよう!」うさみ新市長なら「必ずいわきは変わる」を合言葉に大きな「うねり」を起こそう! 輝ける明日のいわきを築けるのは「うさみ登氏以外にはいない」のだから。



いわき市長選 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る