So-net無料ブログ作成
いわき市立病院改革 ブログトップ

いわき市議会議員の存在感を示すとき!! [いわき市立病院改革]

「新病院建設に関わる基本構想づくり懇談会」の2年間の検討プロセスを追ってみて感じたことは「やっぱり出来レース」の実感である。 2年前には、これで貴重な2年間を棒にふり、病院建設を2年間遅らせるだけ」と訴えて来たが,まさに現実化し、市民にとっては夢も、希望も託せない不安だけが残った病院建設がスタートする段階に至った。 この危機的状態を解消させる為には、市議会議員34名の過半数の良識ある判断と設計予算を否決させることが必要であることから、最後の手段として議員個々に対し、下記内容の手紙を託した。

 市民の代弁者として、日々行政への目配り、そして指導等、全身全霊をかけてのご活躍に対し、心から敬意を表します。 さて、先日は6月議会での議題が発表され、「共立病院建設に向けた立地等に」につきましては、市民の意向とは全く真逆な基本方針が打ち出され、市民の期待を大きく裏切ったものとなり、あの常磐病院譲渡に絡む多くの疑惑や疑問を更に色濃く滲ませた今回の決定は、多くの市民が「落胆しただけでなく、行政への不信感を更に増大させたことは間違いないことと思います。 私達が行った10万人署名運動では、自冶会長(行政嘱託員兼務)に対し、「回覧による署名活動は厳に慎むべし」といつた通達文書を発送するなど、市民運動への過剰とも言える干渉があったにも拘わらず、中央台周辺を主に、「1万2千人を超える市民の皆様方」は、旧サイクルパークへの病院建設に「夢を託した」ことは事実ですし、限られた地域での署名活動を考慮しても、市民の一大関心事であることは、疑う余地はありません。 あの傷ましい大震災で、いわき市の病院行政の環境は大きく変化し、今も流動的であることは周知の通りですが、共立病院は、救命・救急医療の充実はもとより、何と言っても安心・安全への信頼回復が最優先であり、それには、放医研誘致の問題、また双葉地方からの「避難者増加と仮の町構想」に伴う問題、更には最新設備を整えた高度・先進医療の充実などが重要なポイントであることは間違いなく、現在地での建て替えは土地が狭隘といった要因一つだけとっても、正にその市民の夢を壊すもので、新病院の発展性や勤務医の福利厚生、技術・技能の研鑚といった環境すら、整えられないことも必至であり、私達の子供や孫にも顔向けできない結果にしてしまうことは火を見るよりも明らかであります。 先の「新病院建設に係る基本構想づくり懇談会」の議事録や資料からは、最終的な建設場所決定が、結論ありきの評価項目設定や採点配分によるものと、容易に推察してしまう内容は、大きな問題でもあり、常磐病院譲渡の失敗を二度としない。 そして将来を担う子供や孫たち迄もが安心して暮らせる街づくりを考えるなら、財政難に伴う安易な妥協はせず、政府が公表した「仮の町構想受け入れ自冶体への財政面の全面的支援を行う」を見逃すことなく、「仮の町構想」を積極的に支援し、代替条件として「浜通り避難者を含めた医療施設の充実」を提案すれば、必ずや「いわき市民が待望する夢は実現するものと確信致します。 既に共立病院の耐震化は予算化されているとすれば、多少の遅れは許容できますし、6月議会に提案される現在地での新病院建設に伴う設計の予算案は絶対に通すべきではないと判断致します。 当然、今年の市議会議員選挙に於いては政策論争の目玉になることは必至ですが、皆様方の良識ある決断こそ、市民の安心・安全を守れる唯一のチャンスであると捉え、市民の負託に答えるべき勇気ある行動をとって頂きたくお願いする次第であります。 皆様方の英断は必ずや子ども、孫達の幸せな生活を補償するものであると確信しておりますので、よろしくお願い申し上げます。

追記、
今回の新病院建設は、皆様も肌で感じているものと思いますが、市民に
とっては、死活問題と受け止めている方や「病院再生無くしていわきの復興はなし」 と思っている方々は大多数の様に思います。市民の為に是非,一肌脱いで頂き、市民の皆様が安心して暮らし、夢と希望の持てるいわき市にして頂きたいと思います。皆様方「いわき市議会議員」でしか、成しえない事ですので、重ね重ね
よろしくお願いします。


2012-06-15 16:49  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

勤務医が理想とする病院建設を!! [いわき市立病院改革]

人口34万人超のいわき市は今年4月に市立病院が一つになってしまった。 そして、その病院の院長は何らかの対策を早急に講じなければ医療崩壊に繋がると、現状の危機的状況を訴えている。 この様な状況にも係わらず、病院事業管理者を始め、いわき市長は実にのんびりした対応に終始している。 再来年の3月までと一応の期限は設けているものの、「新病院建設に係る基本構想づくり懇談会」の存在そのものに否定的にならざるを得ない。 先の常磐病院譲渡でも判るように、懇談会メンバーの顔ぶれ、そして課題等を見る限り、当局の思惑通りの結論に導く為の実績づくりに過ぎず、時間の浪費だけで、医療崩壊が確実に進むことになる。 病院事業管理者自身、某新聞社のインタビューでは、「市民の安心・安全な医療」は蚊帳の外で、「病院事業の経営健全化」だけで、頭が一杯の様である。 いわき市唯一の市立病院となった「総合いわき共立病院」を以前のような、いわき市民はもとより、浜通り地区そして茨城県からも信頼され、患者が集まった病院への再生は、病院関係者、有識者、市民の混成では無く、ギリギリの医療に昼夜を問わず、従事し、苦労されている、「総合いわき共立病院」の医師や看護師、技師の方々が、働いていたいと思う理想の職場(建物・施設、組織等を含め)を検討して頂き、提言してもらうことが最良の策と判断する。 また提言そのものは絶対に財政問題を一緒に考えてはならず、理想の病院像が纏まってから市長や市議会議員は、真剣に財政面での手当てを考えれば良いことである。 勤務医の充足については、当然開業医の協力は不可欠であろう。 医師として市民の命を守る為の協力は、当然であり、行政がいわき市全体の医療体制と協調体制(報酬を含めた処遇改善)があれば、必ずや医療技術の集結と市民への安心安全な医療の提供は可能の筈である。 市内医師600人の結集があれば、日本一の市立病院の再生も夢ではない。 これ以上市民の不安を増長させることは止め、市民や総合いわき共立病院の先生方が安心して暮らせる、安心して診療に当たれる様な、新病院建設構想を一日も早く発表できる様、努力すべきである。 おそらく、市長や病院管理者は私の提言に耳を貸すとは思えないので、出来れば、「総合いわき共立病院」の先生方で独自の構想(市立病院はこの様にすべき)を考えて頂き、簡単な提言書を纏めて頂くことを切にお願いしたいものである。
  
お詫び
「常磐病院譲渡後の検証」は後日掲載致します。


2010-08-30 22:34  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

市立病院改悪プラン推進の責任は重大!! [いわき市立病院改革]

いわき市常磐病院が「ときわ会」に譲渡してから既に20日を過ぎようとしているが、「総合いわき共立病院」のホームページは未だに更新されない。20人の医師が退職されたことは、いわき市の人事異動で知ったが、その後共立病院がどの様な医師の配置がなされているのかは市民にとっては、大変気になるところであり、市立病院である限り、市民への周知は一刻も早く行うのは当然であり、その手段としてはホームページの更新が最優先である。何故更新を遅らせているのか。怠慢や人手不足は考えにくい。 従って、私が察するところ、市民には出来るだけ現状を知られない様、意図的に更新を遅らせているな感じで、非常に情けなく、公僕人としての義務と責任を果たせと言いたい。
常磐病院の譲渡は「地域医療に大きな穴をあけ、救命・救急医療はとんでもない事態に陥る」ことは以前から指摘されていたにも係わらず、それを推進、強行した。その結果が、市立病院勤務医29名の退職へと繋がった訳だが、この現実を市長や市議会議員そして市立病院改革プラン策定の病院事業管理者や関係者はどの様に思い、又、責任を感じているのだろうか。 先に、行政史上、最大の悪政と論じたが、ますます地域医療、特に市立病院の経営は悪化の一途を辿り、しいては、千葉県の銚子市立病院や静岡県榛原市立病院の様になってしまうという危機意識は高い。
この数カ月で、否応なしに結果は出てしまうが、譲渡以前と比べ、明らかに悪くなったと実感したならば、常磐病院譲渡時の支援金や施設の無償譲渡に伴う損害についての賠償請求訴訟は市民として当然のことであり、責任追及は永遠に続きそうである。



許せない「病院改革の失敗」 [いわき市立病院改革]

常磐病院譲渡から既に一週間が過ぎた。病院局が廃止され、総合磐城共立病院事務局と組織替えが行われたようであるが、「総合磐城共立病院」の現状「診療科と医師の配置等」について、市民への広報・周知等は未だに行われていないばかりか、病院のホームページの更新もしていない。 医師の異動・退職は3月の末には公表している訳で、ホームページの更新は新年度初日にも行うのが常識と思われるが、実に不自然である。
私の察するところ、過去2年間に於いては、医師不足解消策として「医師招へいガイダンス」が重要とし、6度に渡り実施したにも係わらず、民間医療機関への招へいが1名だけ。 ところが、今回の「常磐病院譲渡」に伴っては一気に25名が市立病院を去ってしまった現実がある。  この事は市民には知られたくなく、ほとぼりがさめるまで、曖昧にしておきたいという気持ちなのだろうが、この場に至っても、そのような姿勢しか、とれないとすれば、市民の立場からは、言語道断で許せない行為と言わざるを得ない。  病院問題については、事毎く裏切られ続け、その結末が、この状態とすれば、、もう期待することも、任す事も出来ないし、市民の立場からは、何としてもパワーを集結し、団結と行動で事に当たるべき時期となった。 もうここまでくれば、赤字財政云々の問題ではなく、「市民の命を最優先」とした行政の取り組み以外、市民の幸せは得られないことを共通認識としてもつべきで、私は以前から、「常磐病院の譲渡」は市立病院改革プランではなく、改悪プランであると訴え続け、更には市長や市議会議員の方々にも、取り返しのつかないことが起こってしまうので、譲渡を一旦凍結し、白紙に戻して再検討すべしと言い続けて来ただけに許せない気持ちで一杯である。 この状態が続けば、更に負のスパイラルに陥り、最終的には診療科の縮小、最悪は「銚子市立病院」同様の結末になりかねないことを真剣に考えるべき時である。 


2010-04-09 00:36  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

いわき市にも「赤ひげ先生」がいた。 [いわき市立病院改革]

今、いわき市の「地域医療」は完全に崩壊の道をたどっている。「私立病院改革プラン」として推進している常磐病院譲渡は、私たち素人の目にも判断できる「改悪プラン」で、絶対阻止しなければならない状況にあるが、市民の感覚としては殆どが地域医療は「常磐病院が残るのでよかった」あるいは「毎年5億円の赤字が解消し、譲渡金がいわき市に入ってくるので良かった」等との認識である。
勿論、この裏には、市当局の「正確な情報を市民に伝える」という説明責任が不十分であることは言うまでもないが、むしろ意図的な情報操作が行われていると言っても過言でなく、誠に残念である。
昨日、「市立いわき総合共立病院」の産婦人科部長として、日夜市民の命を救う為に、過酷な労働条件の中で、必死に頑張っている「赤ひげ先生」がいたことを知った。 当病院は先生を含め常勤3名でハイリスクを中心とした周産期管理や悪性腫瘍を中心とした婦人科腫瘍等の対応を行っており、特に悪性腫瘍手術件数は東北でも2番目と多く、市立病院改革は一刻の猶予もないことを、立場の壁を越えて必死に訴えておられた先生の姿勢には、大変感銘した。 「わが身を顧みず、世の為、人の為、そして医師としての使命を全うしようという姿勢は、勿論共感するものは多く、市民として、何としても先生の意思、そして、今後の医療再生の為にも、応援は不可欠であり、私自身も、今は何よりも優先して、新病院の建設促進と、そこに従事する医師・スタッフの処遇改善、更には医師の技能、技術を高める為の体制強化が必要であり、それには赤字財政云々は関係なく、積極的な財政投入が必要と認識している。「命を守る」に勝る施策は、あり得ないことを市民全体の共通認識に変える為にもあらゆる手段を講じて啓蒙活動を行っていきたい。 既に常磐病院譲渡に関しては、市民が「公正取引委員会に嘆願書を提出した」との情報も入っているだけに、今こそ市民のパワーを結集させる時である。そして市民の為にならない、むしろ病院改革の支障となる常磐病院譲渡は絶対阻止しなければならないのである。


2010-02-07 22:24  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「医療のまち・いわき」構築を促進しよう! [いわき市立病院改革]

「市立病院改革プラン」推進という大義名分のもと、今、いわき市立常磐病院は市内の医療法人に対し、建物評価額4憶超や5年間の市有地借地料の無償貸与、更に8.8憶円もの支援金を拠出するという大盤振る舞いの上、譲渡することを昨年末の定例議会で採決した。 多くの市民は、その大義名分に惑わされ、「常磐病院」の譲渡により、いわき市の地域医療は良くなるとの思いでいるようで、実際には「いわき市の救急医療」は今以上に悪化し、救急患者のたらい回しや市外への搬送等の頻度は増加することは、火を見るよりも明らかである。 常磐病院を引き継ぐ「ときわ会」は現在の竹林病院といわき泌尿器科病院の医師や看護師等を「常磐病院に移動させる」ものと殆ど変らないことを計画書でも明らかにしているが、裏返せば、救急病院は一つ減少し、常磐病院が行ってきた「救急患者の受け入れ実績:890件は、他の病院で対応せざるを得ない。 いわき市は、人口10万人に対する医師数は全国でもワースト4、県内をみても最下位に近いとなれば、全国では、ワーストⅠに限りなく近く、地域医療は崩壊状態と言ってよく、今回の譲渡決定は、更に悪化させることは必至の状況である。 民主政権が打ち出している勤務医の待遇や診療報酬の改定、薬価の引き下げ等、どれも見ても改善が見込まれている中、売買価値のある病床(235床)の無償譲渡等も含め、今後の「いわき市立病院の再生」を考えた場合、共立病院以上の病院規模(病床数)は見込めなくなる等、あらゆる面で足かせになることは間違いない。 従って、現状での常磐病院譲渡は「百害あって一利なし」の状況から、譲渡は一旦凍結し、元の鞘に戻す(常磐病院は現状のまま)こと。 そして何よりも白紙から市立病院改革プランを見直すことが最善の策なのである。
 


2010-01-08 18:09  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

いわき市立病院改革 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。