So-net無料ブログ作成

共立病院の「出来レース継承」は公約違反? [いわき新市長の政治力に期待]

33万人のいわき市民は現市長の政策にNOの判断を示した。 そして新たな清水市長が誕生した。
「いわき市民の命を守るシステムづくり」を第一の政策とした「うさみ登候補」は残念ながら当選を
果たすことはできなかったが、尊敬すべき、素晴らしい政治家である」ことは間違いなく、いわき市民
にとっては、「いのち」の恩人であり、救世主となったことは紛れもない事実であろう。
現市長が推進してきた「共立病院の現在地建て替え」は市民の安心・安全な医療どころの話では
なく、ますます救命・救急医療をはじめ地域医療の悪化と、市民の不安は増長される一方だっただけに、
それを阻止できたのは「うさみ登候補」のお陰と称賛したい。
私が行ってきた5年間の活動で、現在地への共立病院建て替え阻止は一時断念せざるを得ない
状況だったが、この選挙戦で再びクローズアップされ、当選した清水新市長も同様の公約を掲げたことから
「いわき医療は大きく改善できる」と確信するに至った。 うさみ登候補なら、必ず「市民の命を守る仕組みづくり」がスピードアップしたものと思うが、新らしく選ばれた市長にも同様に自らが広告塔として積極的に
行動して頂くことを期待したい。 ただ気になることは、福島民報のインタビュー記事の中で、「まずは共立病院の経営形態を見直し、内容を固めたうえで新病院を建設する」としていることであり、病院再建には時間がないことをまずは自覚して頂き、とりあえずは救急へりコプターの導入等救命・救急医療に特化した対応が求められる
ほか、現在の異常事態を一日も早く抜け出す施策の確立が重要であり、経営形態の見直し検討ををはじめ、新病院建設等も並行して行う等の対応は急務であろう。
私は以前にもアメリカ大使館をはじめ東京都、国、県に対しての被災地としての要望や嘆願を熱望したが
現在も非常時にあるいわき市民及び避難者の[命を守るには何が必要か? またどうすべきか?」等、現状
分析を徹底して行えば、必然的にその答えは出てくる筈であり、この異常事態にある「いわき市だから」こそ
可能な援助や支援がある筈なので、新市長には市民に見える積極的な働きかけをお願いしたい。
震災後、当時東京都副知事としていわき市を訪れ「いわき市には積極的に支援したい」との発言があったことから、猪瀬副知事に対し、メールにて現状の危機的医療の状態を訴え、医師の派遣を嘆願したところ、猪瀬現知事のブログに「私の嘆願したコメント」がそのまま掲載されていたこと知るに至り、状態を良く説明し、
自ら広告塔として働きかけたならば、必ず「市民の安心安全な医療の確立」は、そう難しい課題ではないと思うし、市長でなければ、誰にもできないことを自覚して頂きたい。 これからの4年間は大事な大事な時期であり、清水新市長の手腕に期待したい。



2013-09-11 19:58  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

いわき市長選「命を代償にする程」バカじゃない! [共立病院建設の落とし穴]

9月3日「福島民報」はいわき市長選の情勢として渡辺現市長と清水候補が拮抗、うさみ氏が追う」の
見出しが踊った。 
あの3.11の災害対応で失態を演じ、多くの市民が怒り、地域医療も最悪の状態にしてしまった現市長と、
前哨戦の公約と公示後の政見が変わるという迷走振りを露見した「市長選では前代未聞」とも言える選挙戦の最中、このような報道があったことは、驚きである。
 「いわきの未来はどうなってしまうのか?」と不安は増大するばかりで、いわきの夜明けどころか、市民の命が守れない「真っ暗やみ」のいわき市にしてしまうことを意味している。

 一般には[お金をかける候補者」=利害・癒着・慣れ合い=元をとるための最悪の政治。
     と[お金をかけない候補者」=市民の公平・公正を重視=公約通りの実直な政治。
     と言われているのは周知のとおりであり、一応は投票の判断基準として一孝すべきであろう。

私が最も懸念することは、この新聞報道を真実とするならば、多くの市民は「自らの命・こども・孫」に何の不安を持っていないことを裏付けているように思うが、本当にそうなのだろうか。 
それぞれの候補者の詭弁ともいえる説明を信じ、ただそれを鵜呑みにしてはいないだろうか。

今回の世論調査では「安心・安全な医療」を求めている市民は全体の30パーセントと最も多にも係らず、
医療の改善に消極的な候補者が優位にあることから判断すると、間違った理解をしているように思う。

いわき市の現状からは、現市長が進める共立病院の建設を促進するとの政策は[私の5年間の活動実績」に照らしても、市民の命を守れるどころか病床の縮小などは、更に悪化させることに繋がってしまうことを
理解されたい。 
内郷地区の皆さんは「近くに病院を建設したい」との本音は理解できるが、「医師不足により診療科の閉鎖等で総合病院としての機能していない病院と高度先進医療をはじめ多くの診療科を有し、安心・安全な医療が提供できる新病院の建設」を考えた場合、どちらを選択するのかは容易に判断ができ、理解してくれる筈である。 

医師の招へい・医療環境改善、救命・救急医療の確立・診療科の拡大・療養医療等を改善させるためには、
現在の倍近くの敷地面積は最低必要であり、更に病院の発展性を考慮すれば、絶対に現在地への病院建設は避けるべきである。 現在優位に立っている候補者が仮に選ばれることになれば、出来レースと市議会議員さえ、公然と言い切る現在地への建設は推進されてしまうことは必至の状況にあるだけに、、
絶対に阻止しなければならない。

命の保障か。それとも、しがらみや私利私欲の代償として命を賭けるかとなれば、誰一人として後者を選ぶことはないし、「いわき市民は目先の餌に飛びつく様な「バカな市民ではない」ことを実証してくれる筈である。
「いわきの政治は間もなく変わる」そして明るく未来に希望の持てるいわき市の誕生が目の前にあることを・・・・・信じて!!



「力量不足?」迷走振りを露見した.ある市長候補の政見!! [いわき市長選]

 いわき市長選がいよいよスタートした。 
 今朝の新聞を見て「びっくり仰天!」 その訳は、今回の市長選では三つ巴の戦いとして、それぞれ公約を掲げ前哨戦を戦ってきたが、ある有力候補の一人とあげられていた「S」候補は、「政見欄」から最も重点施策に掲げていた「医療政策」の文言を消した。 
 これをどう理解すれば良いのか、理解に苦しむところではあるが、前回選挙での渡辺市長の公約「常磐病院譲渡は白紙に戻す」としながら、当選後は「市議会では既に承認済み」として公約を無視し、譲渡を決定したことを思い出す。 
 多少同じ穴のむじなと想像しない訳ではなかったが、この市長選という市民の審判を受ける公の場で、このようなことが起きて良いものかとの思うと同時に「市長候補」としての「資質」を問われかねない事態であり、「政策が定まらず迷走する市長候補」というレッテルを貼られても仕方がない状況と推測する。 
 私が支持する「U」候補は「命を守る仕組み」をぶれること無く、一貫して「現在、計画されている現在地(狭隘地)への共立病院建設を白紙紙撤回し、避難者を含め36万人の命を守る仕組みづくり(安心して住めるいわきの医療体制の確立)こそ、最重要で、最優先政策として訴え続けている姿こそ、「我がいわき市の首長」に相応しく、是が非でも当選させたいという思いで一杯である。
何故「S」候補は「公示とともに政見から医療政策の文言が消してしまったのか? は「摩訶不思議」な出来事と思う反面、裏事情の複雑さを推測してしまうのは私だけでしょうか?
 更に、もう一点は「突如として顔を並べた「I」I候補」の存在である。 
 ある市民から「ある候補の思惑で立候補した」のでは? との噂話しを耳にしたが
「なるほど」と、うなずいてしまうのも事実であり、ここにきての候補者の摩訶不思議な言動が気になる。 
 私は今回の市長選を「いわきの夜明け・医療再建元年」と位置づけ、いわき市の将来を占う大事な選挙になることを市民の皆様にも訴えたい。 「あってはならないことであるが、選択を間違えれば、いわき市民の逃避も現実になってしまう懸念もあることを真剣に考えて頂きたい」
 結婚・出産・子育てと否応なしに立ち向かう若い世代の皆様には一人ひとりの清き一票を絶対に棄権することなく、自らの意思を、その一票に託して頂きたいと、心から願っている次第である。


2013-09-02 23:15  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。